引き出物でカタログギフトを選ぶ際の注意点

結婚式・披露宴を行うとき、必ず用意するものとして列席者にお渡しする引き出物があります。

ご祝儀の御礼の意味合いがありますので、失礼がなく、相手に喜ばれるものを選びたいものです。

とはいえ、列席者は年齢も社会的地位もばらばらですので、何にしていいかぎりぎりまで迷うという人も多いのではないでしょうか。引き出物として喜ばれるのは、かさばらない、あまり重くない物、自分では買わないけれどあると嬉しい実用品、高級感を感じさせる物など。
逆に好まれないのが、重くて持ち帰るのが大変な物、自分の趣味に合わないデザイン、新郎新婦の名前や写真入りの物などです。そこで、近年引き出物によく選ばれているのがカタログギフトです。

持ち運びやすく、列席者が好きな物を選べるという点で、受け取った側にも好評なことが多いです。

一方で、カタログギフトは適当に選んだ物のように感じる、欲しい物がない、注文するのに手間がかかるなど、不評な意見もあります。

特に、年配の列席者の中にはよくしくみが分からない人がいる場合があります。年配の列席者には違うものを用意した方が無難かもしれません。

また、ひとくちにカタログギフトといっても、商品を選ぶ物だけでなく、グルメ限定や、旅行やゴルフなど体験型限定のものなどユニークな内容の物もありますので、検討してみましょう。

安い価格帯はあまりいい物がないことがありますので、少し高めの価格帯にするといいかもしれません。
喜んでもらえるものがあるかどうか、一度はカタログの中身をきちんと確認しておきましょう。

あわせて読みたい