引き出物を贈る時にもマナーを忘れずに

引き出物選びも結婚式の準備の楽しみの一つだと考えている方もいるでしょう。

ゲストに喜んでもらいたい、自分たちでもこんなものを贈ってみたいといろんな思考を巡らせていると、あっという間に時間が経っています。

予算や品数など、悩みの種はたくさんありますが、マナーを踏まえた上で選ぶようにしましょう。

贈り物だからと言ってとにかく何でも贈ればいいという訳ではありません。

例えば、ゲストに対して準備しますが、夫婦やご家族で招待している場合には、代表になる方に引き出物を渡すようにします。招待状が連名ならご祝儀袋も一つになるので、お渡しするのも一つということです。贈る時の予算についても考えなくてはいけませんが、披露宴の飲食費用の三分の一が目安です。

頂くご祝儀の十分の一という場合もありますので、じっくり考えましょう。最近は親族や友人、会社関連など贈り分けている事も多いですから、できる限り相手の嗜好に合わせたものを選べれば喜んでもらえます。

品数についても、引き菓子や地域によっては縁起物などを準備しますので、両家で何が必要かも確認しておきましょう。

結婚式を思い返す重要なアイテムの一つである引き出物は、何となく選んでしまうと失敗してしまう事もあります。自分たちの気持ちはもちろんですが、両親の意向や地域の風習、一般的なマナーなども鑑みて品物選びをしましょう。

心を込めて選べば、この結婚式に招待してもらえてよかったと思ってくれるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です