結婚式の引き出物の選び方

元々は平安時代に馬を庭に引き出してきて贈ったことが由来の引き出物。

今は結婚式の披露宴に来てくれたゲストにおもてなしと感謝の気持ちとして新郎新婦が贈る品を指すようになりました。

お礼の気持ちを表す大切なものですから、失礼のないように選ぶようにしましょう。引き出物にかける金額は平均6500円くらい。引き出物と引き菓子を合わせてだいたい飲食代の3分の1程度から半額くらいまでが一般的です。

とはいえ、地域ごとに異なります。できれば両親にも確認しておいてもらったほうがよいでしょう。内容も昔とは違ってきており、親族や友人など相手によって内容の違ったものを贈る場合が多くなりました。

かつおぶしや食器・キッチン用品といった日持ちがするもの・かさのあるもの・誰もが喜ぶもの、
といった品から、
持ち帰りが楽なようによりコンパクトになり、
自分で欲しいものを選べるようにとカタログギフトを贈ることも増えています。

どんどん合理化されてきているのです。とはいえ、未だにかつおぶしを贈っているという地域は存在しますし、少しでも大きく見せようとする地域でカタログギフト一つというと、たとえ金額は同じでも喜ばれません。新郎新婦の好みも大切ですが、最優先事項はゲストの方々が喜んでもらえるかどうか。その点を特に考えながら、良い品を考えましょう。

もらって困るような品はNGです。

引き菓子も焼き菓子や和菓子・チョコレートなど日持ちするものがおすすめです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です