引き出物の基礎知識を知っておこう

引き出物とは、二人の結婚を祝福してくださった方たちへの感謝を品物として形にして贈ることをいいます。

昔は、披露宴で提供された食事の一部分を折詰にして持って帰ることを行っていましたが、
現在は衛生上の問題もあるため、別の品物を事前に用意しておき、それを結婚式の終わりに招待客に手渡すことが一般的になっています。

引き出物の中身は、メインとなる品物と焼き菓子などの日持ちがする引き菓子に鰹節などの縁起ものの3点セットが主流になっています。

引き出物の金額は、披露宴の料理の三分の1程度が相場となっています。そのため、1万5千円ぐらいのコース料理を提供した場合は、品物は5千円程度のものを用意することになります。

しかし、ゲストによってはご祝儀の金額も違うため、引き出物の種類をいくつか分けて贈る形をとる方法もあります。贈り分けをするときの注意点としては、包装や大きさで違いが露骨にわかるようなことはしないようにします。

カタログギフトの場合は、見た目は同じ大きさで掲載されている商品のグレードに変化をつけることができるため、贈り分けするときにも便利です。

最近は、新郎新婦が結婚式の費用を全額もつことが多くなってきており、個性のある披露宴を行うカップルも増えています。

引き出物にも通常の定番商品とは違う品物をあえて選択する新郎新婦も多いです。しかし、ゲストにあまり評判がよくない品物としては、新郎新婦の名前や写真が入ったグッズがアンケートで上位に来ることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です