結婚披露宴の引き出物

結婚披露宴では、招待客へのギフトとして引き出物とプチギフトを用意することになります。

プチギフトは、結婚披露宴が終わって招待客が会場を出る時に、出口外に新郎新婦とその両親が並んで一人ずつ手渡しするギフトとなります。予算的には1000円もしないようなちょっとしたギフトが選ばれており、食べたらすぐになくなってしまうような菓子類も多く利用されています。

プチギフトは、記念の品としては残らないものではありますが、結婚式と披露宴ではせっかく来てもらったのに一人一人に挨拶ができていないところ、最後にプチギフトを手渡しする際に立ち止まってもらうことで、視線を合わせてお礼を述べることができる場でもあるので、欠かすことが出来ないギフトとなります。一方、引き出物は披露宴会場に入ると自分の席にあらかじめ置いてあるという点がプチギフトとの違いになり、また記念に残るような商品が選ばれているという点も違っています。

予算的にも高額なものが選ばれることになり、プチギフトは全員に同じものを配ることになりますが、引き出物となると人によって中身をかえることになります。親戚や職場の上司など、多めのご祝儀を包んでもらう可能性があるような人には、あらかじめ良い品を選んで用意することになります。今日では定番となりつつあるカタログギフトであっても、予算に合わせたカタログの種類があるので、人によってカタログの種類をかえることになります。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *