引き出物は特産品なども意識して選ぶ

引き出物を選ぶ時、お洒落に見えるものやセンスのあるもの、また見栄えがして受け取ったゲストが喜ぶかどうかを意識して選ぶような人というのも多いものです。

ですが新郎新婦の出身地にちなんだ引き出物にするというのも面白みが感じられるものです。どうしてその引き出物を選んだのかという理由にもなりますし、不自然な印象にもならないでしょう。また、地元同士の結婚であれば結婚後もそのまま地元に住み続けるということも多いので、ちなんだものにしたほうが良いということもあるでしょう。

結婚式の披露宴に呼ぶゲストの人数が多ければ多いほど引き出物の数も多くなりますから、地元の特産品にすれば、それを扱う地元の業者も需要が多くなるので地域の活性化にもつながるものです。地域の特産品というのはネットで手に入るようなことも多いものですが、わざわざ取り寄せてまで手に取ってみたい、と感じるようなことは少ないものなので、引き出物として出すことで多くの人に知ってもらうことができれば良いでしょう。

そして品物だけを入れるのではなく、新郎新婦からの言葉、メッセージなども添えるようにすると良いです。添えることによってアットホームな感じにすることもできますし、ゲスト一人一人と話す機会がないような忙しい披露宴であれば尚更メッセージを添えることで感謝の気持ちを伝えてみるというのも良いです。そうすることによって気持ちよく受け取ってもらうこともできるものです。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *