披露宴列席者への引き出物

結婚式・披露宴の列席者に向けてのどのような引き出物の選び方に悩みます。

多種多様の引き出物を準備する慣習がある地域もあれば、荷物にならずに好みの品を選べるカタログ式ギフトが合理的とする層もありと、王道はありませんが、新郎新婦の趣味を交えたり、地域の慣習や列席者の年齢層も考慮すべき点です。注文には、式場を通せば簡単ですが、品数が限定されます。一方、自分で選んだ品物を持ち込むときは別料金が掛かることがあります。

いずれの場合も、1から2ヶ月前に大体の数で発注し、1週間前までには正確な数で手配をします。引き出物を厳選していく中で、環境や列席者の顔ぶれ、本人達の趣味などを交えながら喜んでもらえる品を、両親などとも相談しながら決めると、アイディアを受けながらになるので決めやすくなります。また金額は、料理代とのバランスを考えて、披露宴の食費の3分の1を目安に決めると決めやすいです。

引き出物は、列席者一人一人に準備される物ですが、ご夫婦で出席した方へは、夫人分を違う品に変えたり、夫婦で1セット準備と言う2つのパターンがあります。ここでは、新郎新婦、そして両家の意向などを取り入れながらの準備になります。地域によって引き出物の数が多くなるりますが、結婚式への参列者へのお礼と感謝の気持ちを込めて贈る品物です。費用相場と事情に考慮にしながら、2人の結婚式の記念にふさわしい、感謝が伝わる品を選ぶと素敵な結婚式の思い出になります。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *