引き出物の数は幾つにするのか

自分たちが結婚するということになれば、引き出物をどうしようかとわくわくしながらお店を眺めて考えているのではないでしょうか。

たくさん並ぶグッズ類や食品、食器に雑貨と豊富にあるので、喜んでもらえるように多くのカップルが頭を捻ります。一度は結婚式に参加したことがあるなら何となく思う事もあると思いますが、引き出物の数はどうするべきなのかと考える事があるでしょう。よく割り切れないようにするとは言われますが、昨今は2個というようにあまりこだわらないカップルも増えてきています。

また、偶数で用意するにしても、3個がいいのか5個にするのかと考え始めると本当に悩ましいものです。基本的に用意する時には、引き出物と引き菓子、それに加えて地域のしきたりに準じた品物などを準備します。若い世代であればそれほど品数などは気にならないという意見が多いものの、年配のゲストや習慣、しきたりを重視する方にとっては、割り切れる数だと驚かれたりする場合もあるので、数や品物に困ったら両家の両親にも聞いておくとトラブルを防ぐ事にも繋がります。

引き出物をどうしようかとカタログやお店を回る時間はとても楽しい作業です。そうは言っても、マナーや習慣など気にかけておかなくてはいけないこともたくさん出てくるので、カップル二人の好みだけで全てを決めてしまう訳にもいきません。品数なんてこだわらないという前に、しっかりチェックして笑顔でゲストに帰宅してもらえるよう考えてみて下さい。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *