引き出物の意味と由来

引き出物とは、結婚式や祝賀パーティなどの祝い事で、新郎新婦から招待客に対して、おもてなし・感謝の気持ちを込めて贈られる品物のことを指します。

ただし、法事など冠婚葬祭の場全般で配られる品物のことを指す場合もあり、広義には祝い事以外も含みます。不思議に思われるかもしれませんが、法要に参列してくれたことに対するお礼やお土産の品である為、おめでたい席でなくても引き出物と呼ぶのが一般化しています。なお、メインの品物、引き菓子(日持ちする菓子類)、しきたり品(かつお節や地域での縁起物など)の3品を送るのが一般的とされています。

元々は宴の席で「お土産の馬を引き出して見せた」ことが名前の由来と言われています。結婚式での引き出物も、最初の頃はお土産としての意味合いが強く、披露宴の料理の一部をお土産として持ち帰るのが主流となっていました。しかし、料理を持ち帰ることは衛生面の問題があった為、披露宴の料理とは別に記念品を渡すように変化していきました。近代では、お土産としての品物は、かつお節や食器、過花瓶などの大きくて重たい物に価値があるとされています。

近年の結婚式では、招待客の個性に応じた贈り分けをする新郎新婦が増えてきています。贈り分け方法は、招待客の立場や嗜好、性別等で分けて引き出物の種類を選択します。上司や親族などの年齢が高い人、友人や同僚などの親しい人、家族や兄弟姉妹といった基準で分けるケースが多く、ご祝儀の金額も基準も含めて基準とすることもあり、細かな気遣いで招待客が喜んでくれるような品物を送るようになっています。

昔はしきたりなど色々と制約もありましたが、現代では新郎新婦が招待客に喜んでもらえる品物を贈ることが多くなっています。品数やマナーに充分配慮しながらも、当日に伝えきれなかった気持ちを目に見える形で渡せることが、新郎新婦にとっては最高の喜びと言えるでしょう。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *