引き出物は数より質にこだわる

引き出物をどういったものにしようか、引き出物の内容にこだわる人というのも多いものです。

また、本人はそこまでこだわりはなくても、本人の周りにいる人がこだわるということもあるものです。親族が年配の人であったり、地方の風習などを気にするような人であれば引き出物の内容や品数にもこだわるということがあるでしょう。そういった時は挙式前に揉めないようにするためにも、どういったものがふさわしいのか、数はどれくらいがちょうど良いのか、といった意見を聞いておくと良いです。

そして特に引き出物についての希望や意見がないようであったり、新郎新婦に任せてもらえるようであれば、引き出物は数よりも質にこだわってみても良いです。そうすることによってきちんと心に残るものを残せたり、使ってもらうこともできるものです。たくさんの数をもらってもどれも似たり寄ったりの品質であれば、何をもらったのか記憶に残らないようなことも多いので、良質なものを選んで思い出の品にしてもらえるようにもしましょう。

また、受取った人の年代によってとらえ方も異なるものなので、どの年代にも理解してもらえるものを選ぶということも大事でしょう。流行のものや人気のあるものは若い人にはわかってもらえても、高齢の人には通じないこともあるので、どうしても入れたい流行の品があるのであれば、どのように使うかわかりやすいようにしてみたり、年代によって品を変えてみましょう。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *