引き出物の贈り分けをする時のマナー

引き出物はご祝儀のお礼として新郎新婦が贈る品物のことです。

かさばらない消耗品を選ぶようにしておけば、失敗することはありません。現在でもその地域によって慣習が異なることもあるので、地元の結婚式のしきたりについて詳しくない場合は、親や年配の親族などに確認を取りましょう。以前は、ゲストごとに別々の品物を渡す「贈り分け」は失礼に当たると考えられていました。ところが、昨今のおもてなしの気持ちを重視する結婚式の影響を受けて、今では積極的に贈り分けを行うカップルも増えています。

贈り分けをすることが広まっているとはいっても、ゲスト側が自分と他の人の引き出物に大きな違いがあると知るのはあまりいい気分がするものではありません。贈り分けをするなら、しっかりマナーを守って行うべきです。まず外観から引き出物の贈り分けをしていることがわからないようにします。性別ごとに贈り物を分けている場合ならまだいいですが、ご祝儀や結婚祝いなどに合わせてランク分けをしていた場合は、引き出物をもらった人が肩身の狭い思いをさせてはいけません。

それでは、どのような基準で贈り分けをするのが望ましいのでしょうか。もらって嬉しいと思えるような引き出物にしたいなら、各ゲストの年齢や性別、家族構成や趣味などを考慮して選ぶのがコツです。たくさんご祝儀を出してくれた人は他のゲストと同等なものを贈ると逆に失礼になってしまうので、ワンランク上のものにした方が無難です。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *