引き出物の本来の意味

引き出物は結婚式には欠かせないアイテムの1つですが、その意味合いは昔と現在では若干違いがあります。

本来は結婚式に列席してくれたゲストに対するお土産品として用意されたものでした。しかし今日ではお祝いに対するお返しという意味合いの方が強くなっている傾向があるため、ゲストによって品物を変えるということも珍しくはありません。昔の引き出物は、今のように品物を準備するようなものではありませんでした。

結婚披露宴で出される料理は1人1人にコース料理として提供されるのですが、食べきれなかった分を持ち帰ることによってこれがお土産品となり、引き出物ととらえられていました。しかし今日においては衛生上の問題から、披露宴中に出された料理を持ち帰るというのはよろしくないという考えになり、持ち帰ることが一切禁止になりました。

そのため梱包された品物を用意してお土産として持ち帰ってもらうという風に変化しました。結婚式に列席するゲストというのは、年が近い友人もいれば職場の上司や先輩など目上の人まで様々な人が集まります。しかし引き出物はお土産品なので、人によって品物をわけるということはせず、全員同じ品物を用意するというのが一般的でした。

しかしお祝いのお返しという意味合いが強くなってきている今日では、ゲストによって品物を贈り分けることもあります。それが決して悪いことではないのですが、準備する段階で手違いが起こらないよう細心の注意を払う必要があります。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *