引き出物に利用されることが多いカタログギフト

引き出物はもともとは結婚式などのお祝いの席で出席者に持ち帰ってもらう品物を意味していました。

しかし最近ではお祝いの席以外でも、たとえば法事に出席した人に対して渡す物に対してもこの言葉が使用されることがあり、冠婚葬祭問わず利用される言葉となってきています。これの意味は、ひとつは席に出席してくれたことへの感謝があり、もうひとつはその人が下さったご祝儀などに対するお礼、返礼品と言う意味もあります。ですから引き出物を選ぶ際には、お礼の品物として相応しい物、受け取った人が喜んでくれるであろう物を選択する必要があります。

そこで最近、引き出物として利用されることが多いのがカタログギフトです。カタログギフトと言うのは、一定の価格帯の様々な物がカタログに記載されており、受け取った人がその中から自分の好きな品物を選択し、後にそれが配送されてくると言う品物です。カタログギフトのメリットは、受け取った側が品物を持ち運びする必要がない、仮に式場などで渡した場合でもカタログなので非常に軽量であり、持ち運びに苦労しないと言う点が挙げられます。

更に掲載されている品物は多岐にわたっており、受け取った人が自分の好みに合わせてその中から選択することができるので、失敗が少ないと言う点もメリットです。勿論、食べ物だけ、インテリアグッズだけと言うふうに品物を限定したカタログギフトもあるので、品物を限定したい場合はそれを選択すると良いです。ただしカタログだけと言う性質上、引き出物としては味気ないと言う意見があるのも事実です。よって実際に送る際には、一言、お礼の言葉などを記したメッセージカードなどをつけるのが望ましいです。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *