引き出物を用意する際の注意点

引き出物というと、現在は結婚式・披露宴での列席者にお礼としてお渡しするものを指すことが一般的です。

本来は慶事全般に用いますが、法事での参列者へ渡す粗供養の品も引き出物と呼ぶ場合があり、混用が見られます。披露宴の後に参列者に渡す、割ることのできない奇数個を用意する、引菓子と品物の組み合わせにするといった点は共通していますが、内容は地域によって変わります。また、家によって独特の慣習があることもあります。

最近の風潮として、できるだけかさばらない物が好まれますが、地域によってはとにかく大きくて重くかさばる物にし、数も多い方がいいと考える地域もあります。また、地域特有のしきたり品と呼ばれる物を一品を加えるところもあります。このしきたり品も、鰹節や紅白まんじゅうなど、地方によってさまざまです。

家や地域ごとの決まりを知らないで引き出物を用意すると、礼を失することになる場合がありますので、両親や地元の習慣に詳しい人に確認するようにしましょう。また、最近は列席者の地位や年齢、性別、間柄などで引き出物を変えることもよく行われています。

これは、例えば近い親戚と友人では、いただくご祝儀の額が異なるため、同じ内容の物を贈るのは失礼にあたるという考え方が背景にあります。ひとりひとりにあわせて変えるのは大変手間になりますので、親戚、友人といった大まかなくくりでグループにわけ、グループごとに内容を変えたり、数で差をつけたりするといいでしょう。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *