引き出物を入れる袋も考えたい

引き出物の事を考えていて誰もが一番に優先するのは「どんなものをお渡しするか」という中身の事です。

確かに一番大事なことではありますが、選んだ品物を無事に渡すためには入れる袋の事も考えておかないといけません。最近は式場で用意された袋以外を持ち込んで節約するカップルも本当に多いです。たかが袋と思うかもしれませんが、式場等で購入するバッグも有料で約500~700円ぐらいで販売されているのですが、自分で購入して持ち込むとその半分以下ぐらいで用意することも可能です。

ぐっと節約できるのも嬉しいですが、引き出物の袋も自分たちで選ぶようにするとさらに特別なものに思えてきます。ただしこの時に注意したい事の一つに紙袋のサイズがあります。一般的な紙袋は細長く横幅が余りありませんが、実際に引き出物を用意しようとすると、ある程度横幅のある箱を用意することが多くなります。重ねる事自体は問題ないものの、横に傾けてしまうと中身が倒れたりしてしまうので結果的にせっかくの贈り物が台無しになってしまいます。

他にもよくある疑問ですが、贈り分ける事も増えてきた中で袋のサイズを変えようかと悩むこともあるでしょう。袋のサイズは考えなくてはいけませんが、サイズが複数あると「中身や個数が違う」とゲストに心配をかけてしまうことにもなりかねませんので、品物全体のサイズを測定してどの方にも同じように入れられる袋を選ぶように心がけてみて下さい。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *